なんで電気製品はすぐに壊れるの?使いかたに問題アリ!

電気製品大切に扱わないと機械でもスネてしまいますよ

テレビやラジオ、スマホなど情報機器を含んだ電気製品は、長い間使い続けると調子が悪くなることがありますよね。実際、購入した製品の当たり外れはあるようです。しかし、その使いかたが間違っていれば当然電気製品に影響を与えてしまい、調子が悪くなってしまいます。壊れてしまうこともあるでしょう。なぜ?と考える前に今までどんな使い方をしてきたのか、じっくり考えましょう。乱雑に扱っていないか、頻繁に落下させていないかなど思い当たるフシはないですか?

新しく購入したものは使いはじめが重要ですよ

いくら電気製品といっても相手は機械モノです。乱暴な使い方をしてしまえば壊れてしまいます。最初に使う時には、同封されている取り扱い説明書をよく読んだ方が絶対に良いですよ。このようなものは説明書を見なくてもわかるなどという気持ちを持たず、重要な部分だけでも良いので一読しましょう。よく読み込んでおけば途中で使い方がわからない、といったこともなくなるでしょう。高いお金を払って購入した電気製品を、みすみす壊してしまうのは本当にもったいない話しですからね。電気製品が調子良く動いてくれるのであれば、自分も気持ちが良いものです。

モノを大切にする気持ちは暮らしを明るくします

電気製品を大切に扱い長い間使っていくということは、私たちの人間関係にも現れてきます。電気製品だけではなく、毎日乗っている車なども大切にすることは、知らない間に感謝の気持ちが沸いています。それは、日頃から学校や会社で関係してくる人たちに対する接し方にも影響を与えているのです。これは本当に大切ですよ。誰でも感謝の念をもって接してくれる相手には、悪い気持ちは起こりませんよね。電気製品ひとつを大切にすることで、毎日の生活は楽しくなるなんて、本当に素晴らしいことです。是非行動してみてくださいね。

プリント基板設計は難しいと考えがちですが、実は、途中までできているので、つないでいくだけで出来あがってしまう簡単なものです。