起業のやり方とは!やらないといけないこと

起業は実は自由に出来ます

起業の内容にもよりますが、きちんとした会社組織にしないといけない、というわけではないです。つまりは、別に法務局などにいって、手続きをしないといけないわけではない、ということです。もちろん、したほうがよいときもあります。そのあたりはどんな商売で起業をするのか、規模はどうなのか、ということに左右されますが、基本的にはまずはそれなりに大きくなるまでは自由にやっていくことができます。起業とは原則的に自由なのです。

税務署に申告することとして

税務署に登録をしないといけないこともあります。これは税務申告に関することですが、帳簿をつけると控除が得られるからです。白色申告と青色申告があります。青色申告のほうが控除額が高くなります。また、複式簿記での帳簿をつけることによって、さらに高くなります。これは税務署に申告をしないと駄目です。複式簿記での青色申告をします、という申請をします。別に断れることはないので、本当に申し込みをするだけでよいです。

伝手でも何でも使うこと

商売にもよりますが、伝手、コネがあるならばどんどん使うべきです。起業とは失敗が許されないからです。また、起業をする方法も色々とあります。かつての職業の経験や人脈を使うのがベストですが、完全に違う方向に進む、と言うのもあります。具体的にいいますとフランチャイズなどで起業することです。これは原則的にどんな人でもマニュアル通りにやっていればとりあえずできる起業というわけですから、とてもお勧め出来る要素が強いです。

タコ焼きのフランチャイズ「京たこ」なら、原価率33%と低く、人件費も少ないため、他の飲食店よりも利益率が高いのが特徴です。