電話代行を外注に出す事で業務の効率化が可能

新規営業の電話連絡をアウトソーシング

対企業や対一般消費者へ向けた営業活動の中で電話営業を行う企業も多く、まずは商品やサービスの事を知ってもらうという視点から、とにかく数多くの電話をする事があります。営業先として選定された営業先に電話をする事で、その中でも興味を持ってくれた人に対して、商談や商品紹介をする事で新たな顧客を獲得する事に繋がります。そんな新規営業を電話で行う場合は、まず外部の専用業者への外注を検討してみてはいかがでしょうか。

コール数や件数でコストを算出

現在は非常に多くの電話営業代行サービスが登場しており、その費用の算出の仕方もそれぞれの企業で異なります。しかし一般的には、電話をかけた数で料金が算出される事が多く、電話の数が多くなればその分費用もかさむ事でしょう。しかし電話営業を行う上で、多くの電話営業を行う事で、顧客獲得の数が増えていきますので、出来るだけ多くの電話を行う事が重要です。100件程営業をかけて数件返答があれば良い方と言われていますので、販売する商品やサービスの価格にもよりますが、出来るだけ多くの営業をしてみると良いでしょう。

社内業務の効率化に繋げましょう

電話営業を外注するメリットとして、社内の業務を減らす事が可能となっています。例えば営業スタッフが普段社内にこもって電話営業ばかりしている場合、社外の顧客との商談や社外の営業活動が出来なくなってしまいます。しかし電話営業業務を省く事で、よりその他の業務に専念する事が可能となっており、業務の効率化にもつながる事でしょう。この様に電話営業を外部に依頼する事で、新規顧客の獲得に繋がり、かつ社内の業務効率化が実現できるでしょう。

テレアポ代行とは、電話勧誘を通じて訪問アポイントや資料送付の許可を得るテレアポを代行して行うサービスです。